NPO法人ウイザスは、スポーツ、芸術、文化振興のための活動や松島町の指定管理者として現在松島駅前駐輪場と松島町野外活動センターを管理運営しています。

キャンパー及び炊事棟ご利用時のしおり

これから書いていくことはキャンプ場ご利用の注意点やお願い
についてです。
手続きをした時にもお話しますが、事前に目を通していただければ幸いです。

① 責任者が受付で使用許可申請書を記入して下さい。

② 当施設内は全て直火禁止です。バーベキューコンロ等持参するか、炊事棟内のカマド使用してください。カマドを使用した時は、消火後燃えカス・アク等を燃えるゴミ袋に入れ、カマド内を清掃して下さい。
直火禁止なので、手持ち花火もサイト内ではできません。キャンプファイヤー場で行って下さい。
火事になる恐れ(木々に囲まれている)がある為、打ち上げ花火は絶対に行わないで下さい。


③ 喫煙する方は空き缶、バケツを貸し出ししますのでお申し出下さい。使用後吸殻等はゴミ袋に捨て清掃上返却下さい。(保安林内のポイ捨ては処罰されます)

④ ゴミは原則としてお持ち帰りですが、センターロッジで販売している営業用ゴミ袋を購入すると、置いていくことができます。ゴミ袋は営業燃えるゴミ用・営業燃えないゴミ用の2種類を用意しています。必要分をセンターロッジでお求め下さい。1枚処理運搬費込みの315円です。

⑤ サイト内への車両の乗り入れは荷物の積み下ろし時のみ。芝生には乗り入れないようお願いします。終わり次第速やかに駐車場へ移動して下さい。運転の際、子供や小動物にご注意下さい。

⑥ テント内照明・虫除け器は電気式を使用下さい。火災事故等ない楽しい1日を過ごして下さい。

⑦ 使用した場所(テントサイト、炊事棟、キャンプファイヤー場など)は清掃・後片付けをし帰られる時、受付にお越しになり点検を受けて下さい。不十分な時は、やり直していただくこともありますのでご了承下さい。

⑧ トイレ棟は外にありますので、そちらをご使用下さい。センターロッジ内のトイレは、ロッジ宿泊者が使います。

⑨ 炊事棟脇にドラム缶を設置しました。燃やしきったマキや炭(燃やしきる=火はもちろん消した状態をいいます)を置いていけるようになりましたが、ゴミは入れないようにお願いします。ゴミはお持ち帰りか指定のゴミ袋を受付でご購入の上それに入れて捨ててください




以上のきまりを守り、森の自然をお楽しみ下さい。
きまりや指示に従っていただけない場合、退場いただくことや次回お断りすることがございます。責任者の方はご了承の上許可申請書を提出下さい。


=その他=
① 台風などの影響でテントが危険な場合、特例として管理小屋へ非難する処置を取ることがあります。

② トイレ棟は1人1人が汚さないよう気をつけて清潔な状態を保ちましょう。

尚、日帰りでの屋外施設利用は午後4時まで。その他は事前の許可が必要です。

町民の森 松島町野外活動センター

投稿日:2008年06月23日