NPO法人ウイザスは、スポーツ、芸術、文化振興のための活動や松島町の指定管理者として現在松島駅前駐輪場と松島町野外活動センターを管理運営しています。

第2回水のささやきコンサート報告

7月24日(土)、
この日も連日に続く30℃を超える暑い日でしたね。

センターロッジ2階研修室で、第2回水のささやきコンサートを開催しました。

丸山さんとはるちゃんの周りには、いろんな楽器が並んでいてエピソードに似合った楽器が登場します。
コンサートは丸山さん、はるちゃんのギター演奏からスタートです!

















※配布した一部のチラシについて
コンサート開催日の日付に誤りがありました、申し訳ありませんでした。




2つの大きさが違いますが、これが丸山さん考案の水カンリンバです。
水カンリンバは、缶コーヒー4缶ときれいな水でできています。

小さい水カンリンバは、小川を流れていく水の音。















大きい水カンリンバは、川のせせらぎを想像させるくらい長く水の音が聞こえてきます。















これを振り回すと、小さいですが「びゅん、びゅっ」という音が鳴ります。
この音が聞こえてくると、昔の原住民の人々は魂を狩られていると恐れたそうです。

今年も紙ヒコーキを巧みに操って会場の全員の視線を集めます。

風の音や雷の音や雨の音、雨を好む動物たちの鳴き声をそれぞれの楽器で再現していたら…
ジリジリと日差しも強く晴れていた空がだんだんと暗雲立ち込め、遠くで雷が鳴り
出したので、会場にいる全員がびっくりしていました!

これが雷音を出す楽器。本当に、そっくりな雷音を出すんです!
一見、お茶葉入れのようなふりかけ入れのような形をしているのに、どういう仕組みになっているのか、見てみたいものです!!(笑)












エピソードを全て聞き終えたら、丸山さんはタンバリン、はるちゃんは打楽器、会場のみんなは手拍子でブラジルのリズムを楽しみました。


後半になると、緊張していた表情もすっかり取れて、みんな笑顔でコンサートを終えることができました。


投稿日:2010年07月27日